援助交際で捕まると!?知って分かる援助交際の危険性!

18歳未満のロータ少女が大好きだという性癖をお持ちの方もいらっしゃいますね。
しかしながら、この願望を叶えたら、もうあなたは立派な犯罪者になります。

援助交際でもグレーゾーンなのに、18歳未満と分かって手を出した場合には、重い罪に問われる危険性が高いので、絶対に踏みとどまることをオススメします。

18歳未満は援交、それ以上は割り切り

正直、現在では援助交際といえば、18歳未満の少女の売春行為を指しています。
誤解して使ってしまっているケースもありますが、18歳以上で同じ行為をする場合、それは「割り切り」行為として、区別をしてるんですね。

それを勘違いして援交してくれる人募集なんてネットに書き込んだ瞬間に、良識人に通報されてしまっても仕方ないのです。

次に援交にまつわる様々な罪状を紹介します。
重い罪になる危険性があるということをしっかりと確認しておきましょう。

児童買春罪

まずは児童買春罪です。
18歳未満と分かってお金を対価にして、セックスをしたら、この罪に問われます。

刑罰は5年以下の懲役、300万円以下の罰金。
過去の援交歴などを鑑みて、常習性などがあれば、実刑になる可能性も高くなります。

児童ポルノ製造罪

これはいわゆるセックスのみならず、はめ撮りなどをした場合。
他にもセックスはしなくても、裸にして写真を撮影するなどをした場合に問われる罪です。

サイトなどを通じ、裸の写真を送ってなどと要求し、送らせることでも罰せられます。

刑罰は児童買春罪と同様で5年以下の懲役または300万円以下の罰金です。

強制わいせつ罪・強姦罪

次に強制わいせつ罪です。
これは18歳未満の少女の中でも、更に下の13歳未満という場合です。

ロリコン男にとっては、ストライクゾーンでしょうが、小学生に手を出すと、例え相手の同意があったとしても、裸にさせるなど非本番でも、強制わいせつ罪に該当します。
小学生では判断能力がないと判断されるからです。

もちろん本人は良くても相手のご両親は許しませんね。
6ヶ月以上、10年以下の懲役刑です。

そして同じようにして、そこに性行為があれば強姦罪になります。
前述にもある通り、相手がいいよと行っても13歳未満にセックスをすると、強姦したことになるのです。

刑罰は3年以上20年以下の懲役刑になります。

出会い系サイト規制法違反

最後に出会い系サイト規制法違反ですね。
これは前述の重い罪に比べると、罰金刑であり100万円以下というものなので軽いものです。

これは児童相手に援助交際を誘うような書き込みをするといったものです。
書き込み一発でこれはかなりデカイですね。