割り切り募集のやり方・注意点!割り切り相場や相手と出会えるオススメサイトも紹介

割り切り募集のやり方・注意点!割り切り相場や相手と出会えるオススメサイトも紹介
男女間で異なる性欲の強さとセックスを求める頻度は、人間が動物として持っている本能による影響を受けています。
このため、割り切り関係により普段のパートナーとの間で満たされない性欲を埋めれば、本命相手との関係を良好に維持可能です。

しかし同時に男女間で割り切りに対する意識のズレからトラブルになることも多いので、割り切りの意味を正確に把握しておくことが求められます。

割り切りとは?セフレ・援交・不倫という3つの意味を持っている

割り切りの関係で会うことを約束する際には、出会い系サイト内の掲示板やマッチングアプリによるアプローチにより共通の言葉が使われます。

しかし、出会い系サイトで使われる割り切りは援助交際を意味することが多く、マッチングアプリではセフレを意味する割合が高いために誤解を招きやすいです。
実際に割り切り関係で会った時に、男性はセフレのつもりであっても女性は援助交際のために割り切っていると主張がぶつかります。

会ってすぐにホテルへ行かない方が良いことは、よほど綿密な打ち合わせにより双方が納得している場合や既に何度か会っている場合を除いて避ける必要があります。
なぜなら、ホテル入室時点で既にホテル代として数千円が掛かっている状況下で女性から前金要求をされるとその時点で割り切りが援助交際だと確定するからです。

金額的な約束事を一切しない状態でホテル内に入ったら、男性はセフレだと考えてしまうでしょう。
しかし女性側からすると年齢差がある見ず知らずの男性と援助交際以外で会う気はサラサラ無いという考え方をしている女性が多いことも確かです。

このため、待ち合わせ場所で落ち合ったら一旦カフェで休憩して意思確認を明確に行うと間違いや勘違いを防げます。

援交・セフレ・不倫など具体的にどのような割り切り交際をするのか決めておく

援交・セフレ・不倫など具体的にどのような割り切り交際をするのか決めておく
割り切り交際を行う際には、具体的にどのような交際内容とするのか事前に決めておくと良いです。
初めて割り切り交際にチャレンジする人にとって、男性から誘うことがマナーだから何を言ったら良いのか分からないという人もいるでしょう。

基本的な割り切り交際を行う際のパターンとして次の3種類のうちどれに該当するのかを最初に確認することが理想です。

割り切り交際・割り切り募集の3パターンを紹介

割り切り交際として複数の形式があることは確かですが、未婚と既婚で分けると複雑になりがちですから次の3パターンが分かりやすいです。

セフレ

金銭授受を目的とせずに、互いの性欲を満たすためにセックスのみを行うその場限りの関係を指します。
食事代程度を男性が持つことはありますが、あくまでもお礼のために任意で行うものであって、女性側から要求することはありません。
中には女性が金銭受け取りを拒否することもあるので、現金では無くプレゼントの授受というパターンもあります。

援助交際

恋愛感情無しにセックスを行う対価として、予め双方で合意した金額をやり取りする関係です。
一度限りの割り切り関係が多いですが、互いにメリットがあれば複数回会うこともあり、中にはセフレに移行するケースもあります。

不倫関係

一方が既婚者だった場合で、繰り返し会ってセックスすることを目的としています。
しかし、恋愛感情が徐々に芽生えることが多く、割り切り関係が成り立つのは互いの家庭を壊さないことに同意したダブル不倫の場合だけとも考えられています。

割り切り交際を行う前には、相手のプロフィールとメッセージ交換内容から上記3パターンのどれに該当するのか、事前に確認しておくと良いです。

出会い系サイトや掲示板アプリには割り切り相場がある

出会い系サイトや掲示板アプリには割り切り相場がある
出会い系サイトを利用した割り切りの場合には、最初に会うキッカケとして援助交際からスタートすることが一般的です。
なぜなら見ず知らずの男性と最初からセフレ関係として会う女性はほとんどおらず、男性側にある程度の経済力を求めるからです。

経済的に余裕が無い男性ほど、後でトラブルの原因となりやすいことを経験則から女性は知っているので、出会い系サイトでの割り切りは援助交際が中心となります。
援助交際を行うためには、男性から金額を提示することがマナーとなっており、同時にトラブルを回避する手段にもなっています。

出会い系サイトやアプリでの割り切り平均相場(ホテル代別)

本番ゴムありなし相場 20代前半 20代後半~30代 30代後半~40代
本番(ゴムあり) 1.7~2.3万円 1.5~2.1万円 1.2~2万円
本番(ゴム無し) 2~3万円 1.8~3万円 1.5~2.5万円
本番(中出し) 2.5~3.5万円 2~3.5万円 2~3万円

サイト毎の募集投稿数や平均金額

サイト 1日の投稿数 平均金額 詳細ページ
ハッピーメール 889 1.3~1.8万円 ハッピーメールの詳細
イククル 574 1.6~2.2万円 イククルの詳細
ワクワクメール 665 1.5~2.5万円 ワクワクメールの詳細
PCMAX 852 1.5~2.5万円 PCMAXの詳細

割り切り相場を牽引しているのは援デリ業者

割り切り相場を牽引しているのは援デリ業者
割り切り交際を行う際に援助交際から始めると、ホテル代別2万円といった金額の提示をしている女性が少なくありません。
実際には女子大生ほど高く、30代以上は安くなる傾向にありますが援助交際の相場は女性の容姿と地域性により相場が存在します。

出会い系サイトの掲示板を覗いた時に、頻繁に書き込みを行っている女性会員の多くが援デリ業者と呼ばれる管理売春組織のメール担当者です。
援デリ業者が提示した金額に応じた男性を抱えている風俗嬢へ紹介し、派遣された風俗嬢とホテル内に入りセックスを行うわけです。

男性とのメッセージ交換を担当するメール担当者は打ち子と呼ばれていて、組織の管理者と打ち子・風俗嬢で金額の分配を行うことになります。
このため、単独では値引き判断を行えないために原則として値引きは出来ず、上限は無いという底値固定型の女性です。

しかし援デリ業者から派遣されてきた風俗嬢とのセックスは、30分から60分程度で終わりになるので最後に虚しさしか残りません。
一般素人女性との時間を忘れてしまう情熱的なセックスとは無縁の世界に高いお金を払っても意味がないことが分かるでしょう。

援デリ業者が提示する価格は一般素人女性と会える金額よりも高いので、一般素人女性とはもう少し安い金額を提示しても会えます。

一般素人女性のみを狙えば安い

一般素人女性のみを狙えば安い
一般素人女性のみを狙うと良い理由として、割り切り関係で会ったとしても身体の相性が良ければセフレ化出来る可能性があるからです。
30人程度の男性とのセックスを行うと、1人は妙に身体の相性が良いと感じる女性がいるので、確率的には低いもののセフレ化を狙う方法があります。

一般素人女性がまだ出会い系アプリに慣れていなければ、掲示板に提示されている金額では自分は会えないという自信の無さがあるはずです。
男性からのアプローチメールは自動的に届くので、援デリ業者がホテル代別2万円という提示の地域ならば、ホテル代別1.6万円程度でも十分に会えます。

ポイントとなるのは、中途半端な金額になることが一般素人女性の特徴だと早く気づくことです。
援助交際に慣れてきた女性ほど、セミプロ化して援デリ業者と同じ金額を提示するようになります。

割り切り関係を行うならば、まだ援助交際に慣れていない一般素人女性を狙った方が、セフレ化に向けたチャンスが広がるわけです。

学生相手は年齢確認を必ずしよう

学生相手は年齢確認を必ずしよう
割り切り関係で会う際には、女子大生や専門学校生を名乗る場合に年齢確認を忘れてはなりません。
なぜなら、出会い系サイトの年齢認証は緩いために18歳以上の人の身分証明書を使った年齢認証が普通に通ってしまうからです。

年齢確認を行う際に本名を隠すことや、大学の学生証提示で写真部分と有効期限のみを見せてもらう程度で十分でしょう。
あくまでも本人が18歳以上出来れば20歳以上であることの確認が取れない限り、割り切り交際という以前に18歳未満とのセックスは犯罪扱いになります。

年齢確認方法を説明しても嫌がる場合には、自分の身を守るためにも別の意味で割り切りホテル行きをキャンセルすると良いです。

会ってカフェにて話をするだけならば、何ら法律に引っかかることが無いので、あくまでもホテルへ行く前に通過すべき一線だと考えておくと安心できます。

割り切り関係なら後腐れ無く別れやすいのがGOOD!

割り切り関係なら後腐れ無く別れやすいのがGOOD!
割り切り関係による出会いならば、ハッキリと関係終了を宣言するか連絡先を削除するだけで関係が終了するメリットがあります。

恋人関係にまで発展していると別れ話をして相手が同意しなければ、泥沼化しかねないリスクが発生しがちです。

割り切り関係としてセフレや援助交際を選んだとしても、最初から割り切りと明示した上でホテルデートを行っているので具体的な理由を説明することすら不要です。

どうしても理由を聞かれた時にコストパフォーマンスが悪いという理由の場合のみ、援助交際なら減額交渉やセフレ化に成功することがあります。
援助交際として金銭授受有りでセックスをしていたならば、別れるという宣言をすることでセフレ化出来るチャンスでもあるわけです。

不倫関係の割り切りは相手次第

割り切り関係での交際を行っていて、不倫関係にある場合のみ注意が必要です。
相手が既婚者ならば、関係の解消はすんなり同意してもらいやすいですが独身者の場合には別れを告げても応じてくれないことがあります。

このため、既婚者が独身者と不倫関係を結ぶ場合には、割り切り関係でありながら恋愛感情が伴ってしまうために別れ話がもつれるリスクがあると知っておきましょう。
最初から別れる時にはどうするか決めておけば、ある程度リスク回避が可能ですが不倫関係で割り切りという場合には弱みがある側は不利です。

また、いくら割り切り関係とはいえ既婚者との不倫関係では、相手の配偶者から訴えられるリスクがあることも知る必要があります。

どのような割り切り関係で会うのか明確にしておくと良い

割り切り関係には、セフレ・援助交際・不倫と様々なタイプがあるので、最初にどのような割り切り関係で会うのか明確にしておくと良いです。
実際に別れる際に揉めないためにも、恋愛感情は伴わないことを確認しておくと、シンプルな付き合い方が出来ます。

出会い系アプリを利用した割り切り交際は、最初に援助交際からスタートすることが多いので地域相場を正確に把握した上で交渉を行うと良いでしょう。

その他の割り切りに関するオススメ記事一覧